勤務時に自動車を利用する事業所など数多く存在しますが、アルコールなどの飲酒による自動車の運転は悲惨なトラブルを招く恐れがあります。もちろん事業者としては、アルコールを飲酒した従業員の乗車を避けて、トラブルを未然に防ぐ努力が求められます。
そういったシーンで活用することができるのアルコールチェッカーのシステムで、自動車に乗る従業員がアルコールを飲んだ状態で勤務しないかの確認をあらかじめ行うことが可能です。実際には運転免許書を読み取る機械、アルコールを検知する装置から構成されており、ネット上で確認を行うことができて、働く前に義務付けることでチェックできます。
ネット上で確認を行うことができるため、管理者が遠隔地で確認することもでき、最新型ではテレビ電話でやりとりも行えたりできます。自動車を利用する事業所ではなくてはならない存在にもなっています。

業務で自動車の運転だけでない多彩な用途で活用可能

アルコールチェッカーのシステムは、主に運送会社や宅配業者、タクシーなど運輸事業に携わる事業所での活用が想定されます。他にも機械設備を扱う工場やプラント工場、医療機関、レストランなど様々なアルコールの飲酒を避けたい事業所で活用することも可能です。
またタイムカードと連動させることも可能で、工場などで働く前に就業開始の合図にもなり、しかも機械設備を動かす前に義務付ける活用の仕方も増えています。アルコール測定までも行っておけば、機械設備の稼働する上で未然のトラブルを防止することが可能となります。
他にも医療機関でも医師や看護師が患者さんと直接的に接する機会も多いため、飲酒は避ける必要があります。こうした接客を重視される業界においても、それを活用することもでき、多彩な使い道に期待できます。

実際に使用していく中での一般的なチェックの流れ

メインとなる事業所から各事業所に設置した端末前で、やりとりを行うことからスタートします。高度なアルコールチェッカーのシステムとなるとまずはテレビ電話でやりとりを行えたりします。
測定者の運転免許書の情報をあらかじめ登録して置き、専用のリーダーによってかざすことで自動的に点呼が完了となります。その後に呼気計測器が各事業所に設置されているため、それに息を吹きかける形で計測を行っていきます。
なおメインの事業所には点呼用パトライトが存在するため、計測した結果、アルコールを検知するとブザー音と光によって知らせてくれる形になっています。距離が離れた遠隔地でも対応することが可能で、これにより事業者が従業員の状態を逐一把握することにも優れています。
他にタイムカード機能やデータとして残しておくことも可能なため、トラブルがあった場合でも証拠として提出することもできます。