至極当然のことですが、アルコールを含む飲料を飲んだ後に運転をすることは万国共通で禁止されています。それはアルコールを飲むことによって脳が抑制が外れると周囲の状況を判断できずにスピードを出すだけでなく、瞬時の判断能力も落ちてしまうので運転をしている人だけでなくその周りにいる人間にも危害を加えてしまうからです。罰則の強化による認知で飲酒による損害の有無を知ることができるようになりましたが、それでも減少傾向あっても一向になくなることはないです。飲酒による運転による危害が増えているのは、アルコールに対して一つの誤解をしているからです。その一つの誤解がアルコールによる危害を拡散されている要因なのですが、その拡散を未然に防ぐ道具としてこれまで運送業やタクシーなどの輸送業だけが対象だったアルコールチェッカーは小型化されて一般の人々にも多く出回ることになったのです。

体内のアルコール濃度を調べることのできる仕組みとは

アルコールチェッカーシステムの仕組みは、飲酒した後のアルコールは胃と腸を通って血管の中に入ると全身をめぐります。その全身の血管を通して全身をめぐるうちに、アルコールは肺に到達します。肺に到達すると肺によって吸収された空気と混ざり合うことによって、アルコールを飲酒した人が息を吐けば混ざり合ったアルコールも一緒に外に出ることになります。そこで吐き出した息の中に含まれているアルコールの含有量を調べることによって、現在の状態で体に残っているアルコールの量を吐きだした息をアルコールチェッカーシステムが吸い込むことで計測します。その計測の出た数値が限りなくゼロに近い数値を出したら体の中にアルコールが残っていない状態であり、それが数値が多ければ大きいほどアルコールが体の中に残っていることになります。

うまく活用すると二日酔い予防にも使える

吐いた息から体の中に残っているアルコール濃度を調べることによって未然に危険を防ぐことが目的です。アルコールは飲水や就寝するなどをして時間が経てば分解されるのですが、しかし分解は個人差があって人によっては1日たっても分解されないことがあります。分解されない状態で運転をするということは、必然的に飲酒して運転するのと同義でありそれが多発する危害の要因なのです。それを未然に防ぐ意味でも使えますが、やはり一般に普及するきっかけとなったのは飲酒後の悩みである二日酔い予防です。二日酔いは体の中に残るアルコールが肝臓で再分解されて毒素化したことで体に変調が起きることです。それは体に残ったアルコールが問題なので、それを完全に体から出し尽くせば翌日の二日酔いになることはないです。そこで飲酒後に事前に吐息からアルコール量を調べれば体に影響がないレベルで翌日も動けるようになります。